男の自分磨き

こんな男目指して頑張ろう

・イケメン ・モテる ・お金持ち ・筋肉質な身体 ・華がある

テストステロンを増やす方法 筋トレ種目について

女性にモテて、やる気が湧き、精力も増す、最強のホルモン、その名は



テストステロン




そのテストステロンを増やすのにとーっても有効なのが



筋トレです。



筋トレと一言で言っても色んな種目があります。


色々ある筋トレの種目の中でも、テストステロンがたくさん分泌される種目と、ちょっとしか分泌されない種目とがあります。


どうせ筋トレをするならドバドバとテストステロンが分泌される種目を行う方が良いでしょう!


というわけで、今回はテストステロンの分泌量が多い種目を紹介していきたいと思います。


テストステロンをたくさん分泌させる種目は大きな筋肉、そして多くの筋肉を同時に鍛えるような種目です。


使う筋肉の面積が広く、運動量が多い種目がいいというわけですね。


単純にたくさんの筋肉を使った方がたくさんテストステロンは分泌されますよって感じです。


具体的な種目で言うと、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトです。


筋トレやってる人は超王道じゃん! と思ったでしょう。


筋トレに興味がない人や、これから始めようと思ってる、って人は「筋トレ」って言葉を聞くと


アームカール(ダンベルを持って腕を曲げたり伸ばしするやつ)、腕立て伏せ、腹筋なんかの種目を思い浮かべると思います。


腕立て伏せは筋力が無い人なら悪くはないけど、アームカールや腹筋はあまりテストステロンは分泌されません。


女の子にモテたい、自分に自信を持ちたい、といった目的で筋トレを始める人が多いと思いますが、そういった方テストステロンがしっかり分泌される種目をやった方が良いでしょう。


すなわちアームカールや腹筋よりも、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトをやるべきです。


是非これらの種目を行ってテストステロンをガンガン増やしていきましょう!


また、テストステロンとかどうでもいいから、身体を引き締めたいって人もアームカールや腹筋より、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトをやるべきです。


よりたくさんの筋肉を使う種目をやった方が消費カロリーが多く、代謝が上がり、脂肪は燃えます。


アームカールや腹筋は使う筋肉は少ないです。ベンチプレス、スクワット、デッドリフトはBIG3と呼ばれ、たくさんの筋肉を使うトレーニングの代表のような種目です。


ベンチプレス、スクワット、デッドリフトは筋トレの王道であらゆる筋トレ種目の中でも身体に与える影響の大きい種目なので、筋トレをこれから始めるぞ!って人は是非これらの種目から始めましょう。


というわけで、次回からベンチプレス、デッドリフト、スクワットのやり方について書いていきます。

テストステロンを増やす方法 ストレスを減らす4

テストステロンを増やすためにはストレスを減らすことが重要です。


前回の記事で、ストレスを減らすためには


1、自己中心的な考えをやめ、思いやりを持つ

2、怠け心を無くし、努力する


から追加で


3、主体的に生きる


というのが大事であると書きました。


主体的に生きるとは、周りの人や環境に振り回されず、生活の主導権を自分が握ることです。


「会社から与えられたから」仕事をする、「学校から与えられたから」勉強をするのではなく、「自分がやりたいから、やってみたいから、面白いから」やるという積極的な生き方です。


主体的に生きている人は、他人に振り回されない生き方をしているので、ストレスをほとんど感じません。


しかし、主体的な生き方をするには、努力をしなければいけません。


何も頑張らず、だらだら過ごしていると、当然入りたくない会社に入って、やりたくない仕事をやらされるという生活になるでしょう。


自分の好きなこと、勉強したいことを一生懸命頑張るのが主体的に生きるために一番大事なことです。




「自己中心に生きる」と「主体的に生きる」と、を勘違いしてしまうことが良くあるので、違いを書きます。

横暴で口が悪い上司を持つ自己中心な人と主体的な人がいたとします。


自己中心な人は、「あの上司に命令されてもやる気でねえから適当に仕事しよ」、「あの上司はいつも見当はずれの指示を出すから、俺のペースで仕事が出来ない。」といった感じで、「俺は悪くない、上司が悪い、だから上司が横暴な態度を直し、ちゃんとした口調で指示を出してくれない限り俺はちゃんと働かない。」といった反応をします。


主体的な人は、「あの口の悪い上司が何も言えないくらい、完璧に仕事をこなしてやる。」、「いつかはあの上司の地位を追い越して、命令されないようになろう。」と、
他人の欠点や周りの環境に対して「自分がどう対処するか」を考えます。


他人や環境はコントロール出来ません、コントロール出来る自分自身に対して努力を集中させるのが主体的に生きるということです。


こういう生き方が出来れば、いちいち他人や環境に対してイライラすることはなく、ストレスが溜まらない生活が出来るでしょう。



テストステロンを増やす方法 ストレスを減らす3

テストステロンを増やすにはストレスを溜めないことが重要です。

そして、ストレスを減らすには以下の2つを日々心がけるようにするのが一番です。


1、自己中心的な考えをやめ、思いやりを持つ



2、怠け心を無くし、努力する



この2つのうちに1、については前回の記事で書きました。


今回は2、について説明します。


ストレスというのは、目標に向かって努力せず、怠けていると大きく膨れ上がります。




例えば、痩せたいけのだけど「食べ過ぎちゃった」「毎日30分は運動すると決めたのに、3日坊主になっちゃった」と、こんな風に怠けてしまうと、ストレスはどんどん膨れ上がってきます。



食べたいのを我慢したり、動きたくないのにムリして運動したりする方がストレス溜まるんじゃないの?

って思う人もたくさんいると思います。


しかし、そんなことはありません。


嫌だなー、やりたくないなーと思っていたけど、やってみると思ってたほどはツラくはなかった。って経験は皆さんあると思います。

やりたくないことも、やってしまえばそんなにストレスはかかりません。


でも、怠けると「怠けてしまった」という気持ちでストレスが溜まります。




また、他の人から「お前もうちょっと痩せた方がいいよ」と言われた時


怠けている人は、すごくストレスが溜まります。


でも痩せるために精一杯努力をしている人はそんなにストレスが溜まりません。

努力している人は、近い将来必ず痩せることが出来るという確信があるからです。


怠けるという行為は、僕たちが思っている以上にストレスを発生させます。

なので、怠けるのはやめて、努力することでストレスを減らし、テストステロンの濃度は高く保たれるでしょう。




と、締めくくろうと思ったけど・・・・・・





「会社から与えられた」仕事を一生懸命努力する、「学校から与えられた」宿題を一生懸命する、というのを繰り返していても、やっぱりストレスは溜まります。


なので


1、自己中心的な考えをやめ、思いやりを持つ

2、怠け心を無くし、努力する


から追加で


3、主体的に生きる


というのがストレスを溜めない体質にするために必要になってきます。


3、についてはまた次回書いていきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。